出来るだけ「精密に」

なのに負担軽減!!

 従来の長時間、口腔内で我慢して型取りしていた作業が口腔内スキャナーで撮影するだけで型取りが可能となりました。模型におこす作業がなくなったことで負担が軽減したのにもかかわらず、より精密に技工物をつくれるようになりました。

 

従来の場合:型取り(少しひずむ)→石膏を流す(硬化時に収縮をおこす)→技工物作製

口腔内スキャナーの場合:口腔内スキャン→技工物作製

さらにデータとして保存できるため、様々な治療に活用も可能となります。

※一部の保険治療には適応しておりません。

インプラント治療がより

安全に!!低侵襲に!!

 このように口腔内スキャナーのデータとCTデータを重ね合わせることで、事前にデジタル上で治療後のシュミレーションが出来ます。パソコン上で3Dで確認することも出来て、このことによって治療時の負担が軽減され、より安全に低侵襲に治療が行うことが出来ます。