出来るだけ「精密に」

治療が " みえる " 安心感!!

 マイクロスコープってすごいすごいと言われるけど、なんだかよくわからないって方も多いかと思われます。

 

基本的には、

・肉眼では見過ごしてしまう歯の根のヒビや、異常を発見しやすい

・ムシ歯の取り残しや削りすぎを最小限に防ぐことができる

・歯の根(神経)の治療時に汚れを取り残しが非常に少なく除去できる

・治療の精密性があがり、迅速で正確な判断ができる

といったことが挙げられますが、基本的には高倍率の拡大鏡で治療している場合との比較だと、あまり差がない場合が多いです。ただし、1番の違いが画像や映像を撮影・録画が出来るこの部分だと思います。

高倍率の撮影・録画が出来ることで術者の伝えたいことがダイレクトに伝えることが出来ます。そうすることで、しっかりと情報を得た状態で今後の治療をどうするのかを考えることが出来ます。

 

"みえる"安心感を体感してみてください。